2007年08月15日

ヴェネツィアのカフェ・フローリアン

カフェは、日本でも日常の生活の中で溶け込んでいて
当たり前のものですが、カフェの発祥地はイタリア水の都ヴェネツィアなのです。

今から280年前の1720年にヴェニスの
フロリアーノ・フランチェスコーニによっておこされた
ヨーロッパ最古のカフェがヴェネツィア 
サンマルコ広場にあるカフェ・フローリアン。

世界最古のカフェということなんです。

そしてこちらはカプチーノが絶品も絶品。

お砂糖を入れなくても甘くて十分に美味しいのだそう。

カプチーノにハートやクマの絵が書かれていて、
見た目でも非常に楽しめます。

プロシュートのサンドイッチを楽しみながら
サンマルコ広場に並ぶテーブルでは生演奏も聴けて
大鐘楼を眺めながら味わうシャンパンなんて、最高に素敵ですよね。

よく晴れた日のオープンカフェの醍醐味です。

少し寂びれた外見がレトロでこれがまた非常に落ち着いた雰囲気。

店内も非常に素晴らしいです。

壁に描かれた古い絵画など
洗練されながらも、心からほっとできる場所。

有名なワーグナーやフランスの画家のモネ、
ドイツ人ゲーテなどもここカフェフローリアンの常連だったのだそうです。

やはり、お値段もやや高めですぅ。。。

ユーロが高騰しているので、
少量のシャンパンが、25ユーロ=4000円以上!!
1ユーロの米ドルで計算してしまうと、とんでもない金額ということになります。(苦笑)

4〜10月の気行のいい時にはオーケストラの生演奏が楽しめます。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴェネツィア

2007年08月14日

シンガポールといえばラッフルズホテル

シンガポール発展の基礎を築いた
ラッフルズ卿の名前にちなんでつけられたホテルで、創業は1887年ですので年季を感じます。

アルメニアの商人、サーキース兄弟がレストラン&ホテルとしてオープンさせたのがここの始まりです。

客室すべてがスウィートという、ラッフルズ・ホテル。
一度は泊まってみたいシンガポールを代表するホテルで
日本では小説のタイトルでも有名です。

きめの細かいサービスには非常に定評があり
いつも新鮮なウエルカムフルーツがお部屋に用意されているんです。

でも・・・
実は、泊まらなくても、ホテルのアーケードの中に
充分ラッフルズの雰囲気や美味を味わえるのをご存知ですか?

それが『Thos S.B. Raffles』(トス・エス・ビー・ラッフルズ)です。

私もこれを体験しに、わざわざ訪れました(笑い)


シェフ特製のお惣菜やオリジナルの紅茶やコーヒー、チョコレートなど、極うまグルメが、なかなか手ごろな値段で手に入るのです♪

買いこんで、自分のホテルのお部屋で楽しむのもいい
これまたいいですよね!

トリュフの缶詰やホワイト・トリュフ入りのオリーブオイル、
フォアグラの瓶詰めなど、珍しい超高級食材は、グルメ通のお土産や本命の方のお土産にもピッタリです。

そのほか、乾燥オレンジにチョコレートを和えたものや、
新鮮な卵とココナッツミルク、お砂糖などをバランス良くミックスして
ペースト状にしたココナッツクリーム、kaya(カヤ)。

トーストにぬったカヤ・トーストはシンガポーリアンの典型的な朝ご飯ですが、個人的にはおかゆなどチャイニーズの朝ごはんが好きです。


ホテルに宿泊するのは実現しなくても、
『Thos S.B. Raffles』は、とっても気楽に
おいしいグルメを楽しんだり、買い物が出来るんです。


そして、ちょっと優雅な気分になりたいときは
ラッフルズホテルの「バー&ビリヤードルーム」のランチビュッフェ。

アンティーク調のレストランで、新鮮なロブスターやオイスターなどのシーフード類もグルメ通の間では大人気です。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポールの料理について

ウィーンのスィートとレストラン

ウィーンに行った際は絶対に立ち寄りたい、ホテルザッハー。

やはりお薦めはカフェ・ザッハーの
チョコレートケーキの王様、ザッハートルテ。

オリジナルザッハトルテはここにしかない本家です。

日中は観光客も含め、非常に混雑していますが
夜は逆に穴場で、ゆったりできるそうなのでお薦めです。

結構、遅くまで空いているようですね。

ザッハトルテは3週間保つので、お土産にはとても喜ばれそうですね。

クラシックでシックな包装が素敵で、開けると木箱が・・
とても上品でさすがとしか言いようがありません。

ザッハトルテは帰りの空港でも売ってますが、値段は高めなので、
現地で買ったほうがお得です。

しっかりした箱にキッチリと入っているのでトランク詰めでも大丈夫です。

ザッハトルテアプリコットジャムの層が特徴で、
添えてある生クリームのボリュームが本当に凄いです。

口に入れると、まず、一番に強烈な甘みを感じ
アプリコットのジャムと一緒になると、それが口の中で中和され
とてもおいしいです。

なので、砂糖の入っていない泡立てた生クリームと一緒に食べるのが良いとおもいますし、コーヒーや紅茶も合います。

あまりのおいしさに、ウィーン名門のお菓子屋デーメルと
本家争いをしたというのは有名ですよね。

カフェの他、本格的レストランもありますし、
ウィーンの郷土料理が非常に充実しています。

最寄りの観光地はオペラ座があったりと、グルメも観光も楽しめますね。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイーンの料理

世界が認めた香港のフレンチ

実は今、世界の美食家達が集まる香港で、フレンチが密かなブームなのだそう。



香港の巨匠、フレンチ店で、日曜だけのブランチに人気殺到中だそうです。



アメリカ合衆国の権威あるホテルマガジン誌のランキングでも、いつも上位に選ばれるなど、各誌で絶賛されているSPOON by Alan Ducasse。 2003年にインターコンチネンタル香港にオープンした SPOON by Alan Ducasseは、誰もが知るフレンチの巨匠、アラン・デュカス氏のお店です。



日本でも鋭い方は既に注目しております。



ひとりHK$518なのに、(HK$ 1=15.14円(2007年7月30日現在) 12種類の前菜ブッフェ、焼きたてブレッド、チーズや生ハム、そして5種類から選べるメイン、デザートビュッフェと豪華盛り沢山。そりゃ〜びっくりしますよね。



日曜だけのブランチは特に美食家に人気が高いので、予約は早めにしたほうがいいでしょう。



また、ディナー料理を楽しみたいなら、定番のSEXYディナーコース「セクシー・スプーン・メニュー」(6品HK$750、8品HK$988)もあります。



世界各地にあるアラン・デュカス氏の高級レストランですが、これだけの景色を持つお店は他にないのではと思うほど素晴らしい内観です。


さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by マッハユウイチロウ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港の料理について

香港の超有名店の楽しみ方

ちょっと豪華にホテル内で広東料理を食べたいとき、
朗廷酒店(ランハムホテル)内の「唐閣」が私のおすすめです。

沢山の店に行きましたがこちらは、味もサービスもバッチリでした。

色々な料理の賞なども受賞してるお店で
満席で入れないことも多多あるそうなんです。

2001年度Best of the Best香港料理大賞海老料理部門で
最優秀金賞を受賞した
「金錢鮮蝦球(車海老と蟹味噌の炒め、豚肉と蟹肉入りコロッケ添え)」。
(280HK$ 2007年現在)

こんな受賞作も一般人の私でも食べられます。

あと個人的におすすめなのが、皮がぱりぱりの
脆皮龍崗鶏(龍崗チキンのロースト)」。(145HK$ 2007年現在)

もう香港は日本と物価水準が変わらないので
お安くないのですが(笑い)美味しいです^^

ローカルなレストランで頂くお食事とはかなり違って、
盛り付けも豪華で綺麗でポーションも非常に良い。

レストランの雰囲気もライティングも良いと大評判です。

デートやここ一番って時にはお薦めです。

雰囲気は中華なのに西洋料理レストランという感じなのですが、
ここでは本格派高級広東料理がいただけます。

頼む食材にもよりますが、1人300〜400HK$ぐらいと考えれば大丈夫ですが、アワビやフカヒレが入る場合は予算を多めに。

高いけど美味しいです^^

意外にも観光客よりも、予約なしでふら〜と入ってくる地元香港人の若いヤンエグなお客さんが多いと感じました。

少人数より大勢での来店が色々と食べれてお薦めです。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港の料理について

香港で本物のチャイニーズを食べました!

海外グルメといえば、夜景のきれいな香港で
日本ではなかなか食べれない高級料理と(仕事で)、
屋台、両方食べたことがあります。

どちらかというと屋台料理が好みです^^

暑い時期に行ったのでメチャメチャ大変でした。

湿度・温度ともに日本では考えられないくらい高いので、
コンビニなどの店舗に入れば、今度は南極張りに寒いけど気持ちい!

でも、楽しみにしていた料理。

高級料理もいいけど、やっぱり
友達とワイワイと路地裏を歩きながら探すのも、いいものです。

高級料理では、初めて嗅いだタレが出てきました。

臭い。何故か臭いんです。

おもわず箸に付けて、友達の鼻にくっつけて
道連れにしたくらい(笑)

おそらく、今、思えばナンプラー(魚醤)かな?と思うのですが、
未知の世界・冒険の世界に片足を突っ込んだ気分でした。笑

でも、正直そこで食べた超高級料理よりも、
繁華街の路地裏を歩きながら見つけ出した、地元の香港料理が印象に残っています。

意外とぼったくりのありませんでした。

ラーメンはそうめんの様に細くて、不思議な感触。
米で出来ている麺のようです。

でもエビチリが凄くおいしかったですね。

そしてなにより、激辛が大好きな私でさえ、
辛い!!と絶叫した本場のマーボ豆腐。

でも、そこの店主だけぼったくられたのが、超痛かったですね〜(笑)

少し街に出れば、栄えている香港。

有名な夜景は本当に絵に描いたようにきれいなんですよ。

日本の夜景はなんなんだろう?というくらい。

今度、香港に行くことがあったら
海鮮が美味しくて、ローカルの人たちにも大人気のお店
コーズウェイベイにある「越華會」に行って食べてみたいですね。

蝦蛄という料理は、上品な味付け。

チャーハンもパラパラ感がたまらないそうです。

そしてお店の名物、蟹料理!
蟹爪も大きくてこれはやばいくらいおいしいそうです。

道路にせり出した看板がいかにも香港っぽく、
コーズウェイベイは、香港の新宿なのだそうです。

行ってみて納得してしまいました。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港の料理について

2007年07月20日

海外旅行を安く申し込める虎の巻

海外旅行の裏技は沢山あります。

マイレージを溜める方法は一般的ですね^^

ちなみに、今回は上海までエアーチケットのみのブッキングだったので

『初めての方でも簡単に
海外グルメ旅行を楽しみながら
            更にじゃんじゃん稼ぐ方法!!』

 http://oversea-buyer.com/ic.htm


の初回特別付録

「まだあまり知られていない海外旅行を安く申し込める虎の巻」


でH●Sより一人あたり約5000円も安く往復チケットがとれたました。

その余った金額を義烏(YIWU・イーウー)の仕入れにあてました。

もしかしたら飲食費やお酒代に消えたかもしれません(苦笑)



また面白いサイトも発見しました。

■格安航空券の選び方■
http://www.tabig.com/ticket/

チケットやツアーをおささえる前に

一度、のぞいてみるといいでしょう。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本から海外へ激安で行くには

2007年07月17日

TVでも紹介される中国の麺類

刀削麺


米で出来た麺を包丁で1本づつ切り落とし沸騰した鍋に投入!

麺は味はうどんの味で、スープは中華風。

しつこくないので、うどんのように毎日食べても飽きない。

追金で卵焼きも知れることが出来る店が多い。


中国・義烏(YIWU)にも沢山あるので
是非、一度は試してくださいね。

注文が入ると削り出します。

漢字メニューがある店も多いですが
メニューがない場合、厨房に言って麺やどんぶりを指差せば
大体、食べさせてくれます(力技ですが・・・)

P1010353.JPG
P1010356.JPG




さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理について

ローカルな料理はジャオザイ(趙宅)で一人15元前後で食べられます!

中国・義烏(YIWU)にある屋台街 ジャオザイ(趙宅) 一人15元前後で地元の人が食べるローカルな料理が楽しめます。

中国・義烏(YIWU)福田市場からのタクシー代6元前後。

公演のような場所が夜になると屋台広場になります。

どこも鮮度が売りなので生簀に生きた魚介類を
沢山、見せるように置いてます。

色々な屋台が出てますが、何処で注文してもOK!

会計は食後に一軒づつ回り、払います。

段ボール肉まんや水道水ミネラルウォーターの
事例がありますが、姿焼き等は安全かもしれません。

胃腸の弱い方はコンビニかレストランをお薦めします。

IMG_8915.JPG



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理について

日本人がまだ知らない中華料理「火鍋」旨い

火鍋も日本人の口に合う。

福田市場からタクシー代8元前後 シャンマオチー(商貿区)あたりに沢山あります。

一人50元前後でビールを呑んで爆食できます。

鍋料理なので福田のあまり美味しくないチャイニーズを
食べて、仕入れをしてる方は絶対に「火鍋旨い」と言いますよ♪

マトンも臭みがなくて美味しいし、
近くには足つぼマッサージやクラブ(カラオケ)等もあり
何かと楽しめます^^


ちなみにこちらの「カラオケ」は
日本で言う「キャバクラ」です。

中国・義烏(YIWU)のカラオケやレストランでは日本語、英語はまだ通じません。

IMG_8896.JPG



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by マッハユウイチロウ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理について