2008年05月04日

タイでの仕入れ

タイで仕入れるというと市場を思い浮かべると思います。

水上市場なんて海外旅行へ来たとしみじみ思えるのではないでしょうか?

タイ国政府観光庁のショッピング情報にあるバンコクの市場を
あげてみるとチャトチャック・ウイークエンド・マーケット、
プラトゥーナム市場、バンランプー・マーケット、
パーククローン・マーケット、ボーペー・マーケット、
スアン・ルム・ナイトバザールです。

何が仕入れれるかというと、プ
ラトゥーナム市場は服飾・生鮮食料品を中心に、
ボーペー・マーケットは衣料品の卸売り市場で
地元の人も仕入れに来ます。

ワット・ポーにあるバンランプー・マーケットと
パーククローン・マーケットはお花がメインです。

スアン・ルム・ナイトバザールは
タイではじめての公営ナイトマーケットと言われています。

そしてバンコク名物の巨大マーケットであるチ
ャトゥチャック・ウイークエンド・マーケットは
その名のとおりチャトチャック公園で
毎週末の土曜日と日曜日に開かれる市場です。

タイ王国のお土産で、特産品として有名なのが
タイシルク、陶磁器、宝石また革製品としてワニ皮のバッグが有ります。

観光客をターゲットにしたおみやげ屋さんや露店に、
タイシルクや陶磁器は必ず有ると言っていいのではないでしょうか?

宝石はルビーとサファイアの産地として世界的にも有名です。

またバンコクにあるチャイナタウンには
金製品のショップが多いと言われています。

ただし、商品が高額なため自分自身が確かな目を持っている事と、
信頼出来るショップを確認しておく事が大切です。

同じく事前確認として、ワニ皮製品には国内外の持ち出し、
持ち込みに規制が有るのでそのあたりも調べてからがいいと思います。

そして、こうした観光地での店は、
その土地ならではの商品を並べていますが
高い(ぼったくり)な事が有ります。

暑い土地で、なめらかでつややかなシルクの肌触りは惹かれますが、
せっかく物価が安いところでに行くのですから、
地元の市場の(安全な)お店に出掛け心惹かれるまま
(サイフと相談しながらですが)色々仕入れて見てはいかがでしょう?

お宝が待っているかもしれませんよ。



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html

posted by マッハユウイチロウ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タイへの行き方

日本からタイへの行き方について

タイへの行き方で飛行機を思い浮かべると思います。

タイの航空会社としてはタイ国際航空ですが、
日本発の就航ラインの直行便はタイ国際航空の他に、
日本航空、全日空の日本の会社また、ノースウェスト、
ユナイテッド航空、エアーインディア、シンガポール航空などの
たくさんの外国航空会社が入っています。

ほぼ6時間で移動出来ると言われています。

他に香港、上海、台北などの中国経由の経由便も有ります。

どこにしようか悩む所ですが、安全、快適さを選ぶか、
航空券の料金で選ぶか、また観光予定時間を計算するかで
おのずと決まってくると思います。

ところで、飛行機に乗れない人って少ないのでしょうか?

マンガからヒットした「のだめカンタービレ」を語る上での
重大なポイントの一つ、千秋が飛行機に乗れないって事でしたよね。

これは、たしか飛行機恐怖症だったのですが、
海外へ出て初めてわかる飛行機酔いも有ります。

国内の短時間なら気のせいで誤魔化せます(イヤかなりきついけれど)。

車酔いしないのに、船酔いしないのに、酔い止めを飲んでも飛行機のトイレに絶えずいなきゃいけない辛さ。

まるで指定席がトイレのイス状態。

さらに、トイレは(〜ピー〜を)流すのも恐いんです。

吸い込まれそうな気がします。

国内線を利用した場合にはリゾートで癒されるレベルに戻るまで
時間がかかりまったく癒されない。

快適な酔わない飛行機は何処が良いんでしょうね。

さて、話を普通の人向きに戻します。

タイ国内の移動はバンコクを基点として様々な航空会社が運航しています。リゾート地である島々は飛行機を利用すると思います。

そこで国内線への乗り継ぎの際は時間を考えて下さい。

乗り継ぎ時間に2時間くらい考えておいた方が良いようですし、
遅い時間に到着すると乗り継ぎが無く、そこで1泊なんてことも。

せっかくタイ王国を楽しむために来たのに
貴重な時間をつぶす事になります。

タイ国内へ入ってから交通機関を使ってみたい人もいるのではないでしょうか。

バンコク市内の公共交通機関として、
高架鉄道(BTS)、地下鉄(MRTA)が有ります。

他に路線バスやメータータクシー、運河ボートも有ります。

ところで、子供料金なのですが、基準が年齢では有りません。

地下鉄構内に目安となる身長測るキリンさんがいます。

90cm未満が無料で90cm〜120cm未満が子供料金となります。

そして高架鉄道なのですが、

同じく90cm未満が無料は一緒なのですが、
それ以上になるとこちらはみんな大人扱いです。

(ただし、子どもの日(1月の第二土曜日)は140cm以下は無料になります。)

そんな、交通の違いも観光旅行ならではの楽しみですね。


さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タイへの行き方