2008年05月04日

タイのグルメのあれこれについて

タイのグルメと聞いて、おいしいタイ料理を思い浮かべましたね。

トムヤムクン、トードマンプラー(魚のさつま揚げ)、
クウェティオ・パッタイ(焼きそば)、
ゲーン・キョワーン・ガイ(チキングリーンカレー)、
プーポパンカリー(カニのカレー)、
ヤムウンセン(パパイヤサラダ)、タイスキが、
ぐるぐる ぐるぐる頭をかけめぐりましたね。


タイ王国の観光地でグルメツアーの旅行会社の添乗員さんなら
早口言葉で練習し暗記しいつでもどこでもかまずに
言わなくてはいけない。

これらのあまくって、すっぱっくって、
カラい南国の魅惑的な刺激的な夏がいつでも味わえる料理の数々。

食べたいですね〜。

(こんなに前置き長いのに)でも、

タイのグルメです。

たまの刺激は必要ですが日本人なら鯛でしょう。

グルメとちょっと特別な感じがするタイと言えば魚の王様、鯛ですよ。

もちろん、一番美味しいのはもちろんお刺身。

生・生・生・粋のいい生で食べるのが一番。

プリこり食感の透き通るような白身。

お刺身醤油でも、すった山葵でも、ツマの薬味でも、
例外でイタリアン風にカルパッチョで、鯛の甘み、
ビネガーの酸味、胡椒の辛み。

(ここでもタイ料理のような不思議な美味しさに出会える)

あぁ、おいしい。

生だけじゃない。

春の桜の塩漬けがちょこんと乗ったほんのりピンクの鯛飯。

金目鯛は庶民の味、煮付けの王様。

丸々焼いちゃう塩竃焼きも最高です。

もちろん、おすましも最高。食べた後に残るタイのタイ。

可愛い我が子に説明して、うっかり欲しいと言われ、しまったと思い洗っても臭いはとれないのに渡してしまったお母さん。

日本人なら鯛のネタに困る事は無いと思われます。

挙式に招待されテーブルに必ず置いてあるタイ。

手を付けず、お土産にもらうものの帰っても食べない。

回転寿司のくるくる回るタイのネタもこんなもんかと、
安さに妥協してしまう。カピカピで美味しくないイメージですよね。

これらは、もちろんコストを抑える為にほとんど養殖の魚の王様とはちょっと威張れない鯛のようです。

「タイって言うほど美味しくない」と思った人は、新鮮な日本の(ちょっと以上に高い)鯛を食べてないからなのです。

スーパーの刺身コーナーで高そうに「鯛の刺身・特売品」って売っちゃうからです。

プロのお魚やさんでおすすめの鯛を買わないからです。

やはり高くっても鯛は王様なのです。

おめでタイの鯛なのです。鯛は日本の春の味なのです。

他国にグルメ旅行に出掛けた後は、
やっぱり日本の味がいいな〜と思いませんか?



さらに詳しい情報はこちらからどうぞ^^
 ▼      ▼
http://auctop.com/oversea-it.html
posted by マッハユウイチロウ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理レストラン編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14637017

この記事へのトラックバック